2006年09月14日

汗を流して働いてみました

この間、バイトをしてみました。
バイト自体は短期のヤツ。


日給 一万円  昼飯付き 六時間労働 内容 床材はがし


グッド(上向き矢印)こんな感じのヤツを。

きついんじゃないんかなぁ

と思う自分がいる一方で、
おいおい、日給一万だぞexclamation&question

と一方でけしかける自分もいました。


結局日給一万という魅力的な文言にコロッとやられてしまったのは想像に難くないでしょう。


で、さっそく友達を何人か誘ってやってみました。


久しぶりに体を動かして疲れる疲れる。
一日目は筋肉痛で、体を動かすのがおっくうでした。

けど、バイト先の雰囲気に慣れてきたこともあり、二日目、三日目、と徐々に慣れてきて、四日目ともなると

(体を動かすのって気持ちええ

と思うようにたらーっ(汗)


我ながら単純な性格だなぁ、と思うけど、最後の日にはバイトに愛着がわーい(嬉しい顔)


banner2.gif
posted by 米粒いっこ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

オペラ座の怪人

パソコンテレビ(Gyao)で見た、「オペラ座の怪人」


個人的に西洋の古典的な作品に興味がないんだけど、暇をもてあましていたので、
(見てみよっかなぁ〜)
ってな軽い感じで見てみることに。


見終わってからの感想。
見たことはないけど、ミュージカルってこんなんだろうなぁ。
歌がセリフになっていて、慣れるまでは疲れるけどがく〜(落胆した顔)


映画の中での舞台がすごく豪華絢爛ぴかぴか(新しい)
特に仮面舞踏会の場面は、最高の見せ場exclamation×2
舞踏会の最中一瞬暗くなり、なんと○。ントムが・・・


番組レビューには音楽が最高exclamation×2って書かれはしていたけど・・・
その音楽の魅力がまだまだ分からないですがく〜(落胆した顔)
荘厳な音楽だなぁとは感じたけど


誰しもが聞いたことはある名作の中の名作「オペラ座の怪人」
その入りにはもってこいかも?







banner2.gif
posted by 米粒いっこ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

セブンデイズ・ラプソディ(ルパン三世)

(ヤベッどんっ(衝撃)やっぱルパンかっこえ〜ぴかぴか(新しい)

今日九時から始まった毎年恒例のルパンシリーズ。
金曜ロードショーを見終わったときの感想グッド(上向き矢印)


ルパンだけじゃなくて、五右衛門も次元も、銭型のとっつぁんもフジコチャ〜ンももちろんみんなかっこいいけど。
(どのキャラも個性的で最高exclamation×2



見てて驚かされたといえば、今回の話で五右衛門の携帯デビューには驚いた〜あせあせ(飛び散る汗)
ルパンVS次元の銃撃戦にも驚かされたけど、
(驚きで比べるなら、五右衛門の勝ち〜)



最近のルパンシリーズの中では一番exclamationです。



banner2.gif









posted by 米粒いっこ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

SEAMO

おとといNHKのトップランナーという番組に出演していた「SEAMO」さん。


番組の最初、SEAMOさんが歌っていたんですが、それがなんともかっこいいぴかぴか(新しい)
そのときが初めてSEAMOさんを頭にインプットした瞬間exclamation×2


歌っていた歌は、「ルパン・ザ・ファイヤー」
グッド(上向き矢印)すごいタイムリーぴかぴか(新しい)次の金曜ロードショウが楽しみ
と「マタアイマショウ」。


「マタアイマショウ」は以前自分がどこかで聞いたことがある曲。
で、(いいなぁ)と心ひそかに思っていた歌。
時々歌の合間に、女の人が歌っているんですけど、それも歌の感じが出ててチョットいい感じで。


「ルパン・ザ・ファイヤー」はそのとき初めて聞いた何ですけど、ルパンが好きな自分にはGOODexclamation×2




でもSEAMOさんのファンになった一番の原因は、テレビを通して話を聞いたことかな?と思ったり。
今の自分の話(重要なこととか、自分の考え。それと一緒に話し方も。)をを聞いたってのはデカイなぁどんっ(衝撃)




「トップランナー」に出演されてる人たちって「SEAMO」さんに限らず、パワーがあってついつい引き込まれてしまう・・・






banner2.gif
posted by 米粒いっこ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

トゥルーコーリング

ひそかに話題になっている「トゥルーコーリング」
面白さは晴れ
ほんとにおもろいわーい(嬉しい顔)
あまりにはまちゃってて、一気に三本借りたぐらい。


死者からの呼びかけに答え、死者を死なせまいともう一度朝からやり直して行動する、主人公「トゥルー」。
ミステリーの要素あり、感動系の要素あり、ホラー系の要素もありーの、もういうことなし。


(死者を救わなきゃexclamation×2)っていう彼女の行動もさることながら、周りのキャラクターが魅力があっていい。
特に弟がいいキャラしてますexclamation×2

個人的には「BIG FISH」よりも好き






banner2.gif
posted by 米粒いっこ at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

BIG FISH

BIG FISH」を見ました。

面白いほら話が好きな親父さんの話。
親父さんの話が嫌いな息子さんが、そのほら話の中から、真実の親父さんの過去を探ろうと頑張って・・・。


現実と、空想とがごっちゃになるっていうところでは、「アメリ」に似てるなぁと思う。
話は、3:7で謎解き:感動ぐらい。


posted by 米粒いっこ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

黄泉がえり

黄泉がえり」 著 神尾真治

昨日、「黄泉がえり」(映画バージョン、草薙さんとかが出ているヤツ。)を見て。

原作「黄泉がえり」を読んでいたので、それと比較しながらの観賞にはなっちゃうんですよね〜。
(あぁ次こうなって、そん次こうなるんでしょ。)
みたいな。

だから、あんまり入り込めない感はあったんです。


(鹿児島の阿蘇かぁ〜小さい頃、いったなぁ。すっげぇ卵の腐った香りがしたっけ)
なんて心画面にあらずで。


けど、ラストで、蛍の光のようなものになって、四散する女の人を草薙さんが抱き止めようとするシーンとかはもう、
(うわっ。めっちゃ切ない。はよ奇跡起これよexclamation×2むかっ(怒り)
ってな具合にジーンときて、焦ってました。




感動もし、見応えもあったんですけど、やっぱり小説版のほうがいい。
小説のは、黄泉がえった家族を持つ家庭のその後がしっかりしてたし、その後がハッピ―エンドだし。


ってな理由で小説派っす。






posted by 米粒いっこ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

雲の名前

空の名前」 写真・文 高橋健司
 

浪人時代に、ぶらっと買ってしまった本。
しまった〜がく〜(落胆した顔)何で俺はこんな本買っちゃったんだろたらーっ(汗)
と思ってしまったり。

まぁそんな後悔をした本も、今久しぶりに、読み返してみると、読み応えがある。
昔の人が呼んでいたの名前、だとか、の名前。

その中でも、雨の名前は多い。
そして名前がかっこいい。
空梅雨(からつゆ)、村時雨、怪雨(あやしきあめ)、氷雨(ひさめ)、などなど。
さすが、ニッポン。モンスーン地帯。
雨にひときわ関心があったんだろう。


覚えておきたいのに、頭からすぐ流れ去ってしまうようなモノを、集めた本だと思った。


posted by 米粒いっこ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

光の帝国

光の帝国」 著 恩田陸

好きな本の一つ。

光の帝国


題名からして、絶対これSFモノだわ・・・。
と最初は思いました。


読み進めていくうちに、あれ?・・・思ったより普通。
いやいやいや、これはいいんじゃ?
・・・良いよ、これ、うん、良いexclamation×2
あ〜ぁ。。。。もぅ一回よも。


っていう具合にいい感じの本。


内容は、不思議な能力を持った人たちが、その能力を隠しつつ、平凡に暮らそーとするっていう話。


作品自体は短編集。
短編同士、ところどころ重なっている部分もあったり、共通する人物も出てきたり。
読んでいて、
(あ、こいつまた出てきた)
なんて思う場面が結構あります。


登場人物が、素朴で、やさしいのも気に入っている理由の一つ。






posted by 米粒いっこ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

キッチン

キッチン」 著 吉本ばなな
を読みました。


裏の紹介文章には、ナントexclamation×2
何でも世界二十五カ国で翻訳され、読み継がれている

おぉ〜。すごいexclamation×2


本の内容はというと、みかげっていう女の子と、雄一っていう男の子の話がメイン人物で、話が進められている話。


読んでいて、まぁまぁ
終わり方が、肩透かしをくらった感じはしました。



ジャンルは決めづらいけど、恋愛モノなんだろうか?
ど〜何かな?
文章がさばさばしていたんで、恋愛系じゃないかも知れないし。





あと、読んでいて思ったのが、
(吉本さんってすごいexclamation×2細かい人だexclamation
言葉に対して、細かいんですよ。


例えば
「二度とっていう言葉が嫌いだ」
って作品の中で、出てくるんですけど、それはこうこうこんな理由だからだ。
っていった感じで説明されているんですよね。


作家だから、ある意味当然なのかもしれないですけど、スゴイっす。





posted by 米粒いっこ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。